バナー

コインランドリーのランニングコストについて

コインランドリー経営について少しでも調べた人ですと知っていますが、意外と初期投資が大きいのが特徴です。

しかし、ランニングコストは低いという長所があります。


ランニングコストは少しでも事業をかじったことがある人ですとその重要性がわかりますが、事業を行っている際に発生する経費のことです。

コインランドリーはそれが低いのです。

コインランドリーを開業するには機械の設置は必須ですが、決して安くはない価格です。
これが初期投資が高額になる理由ですが、それを補ってあまりあるメリットがランニングコストの少なさです。



コンサルタンと中には初期投資を抑える目的で中古の機械を導入することを勧める人もいますが、お客様の評判やその後のメンテナンスを考慮しますとあまりいい考えとは言えません。

それこそランニングコストが逆に高くなってしまいます。
念のためランニングコストについて説明しますと、ラーメン店を例にあげますとお店を運営するうえでは冷暖房を入れる必要がありますが、内装の作り方によって電気代が高くなることがあります。

こうしたことがランニングコストです。
話を戻しますと、コインランドリーでは飲食店などに比べますとランニングコストがかからない業種ですのでメリットです。

それを生かすためにも機械は最新の機械を導入するのが賢明です。



今の時代は技術の進歩が早いですので少ない電気代やガス代で機械を動かすことができるようになっています。


また、お客様の印象もよくなりますのでとても重要です。

コインランドリーの成功を決めるのは最後はお客様の反応にかかっていることを自覚していることが大切です。