バナー

コインランドリーの防犯性を高める

不動産投資としてコインランドリーを起業するなら、リスクマネジメントにも配慮してしみましょう。

防犯性を高めるポイントは、窃盗に対する予防効果です。

コインランドリーでは自動販売機が何種類か設置されている場合が多いです。

一般的な飲料水の販売と、洗濯用の洗剤や柔軟剤の販売や、手拭用の除菌アルコールウェットティッシュなどです。
忘れてはならないのが、両替機です。


販売ではないものの、コインランドリーを利用するために必要な小銭・硬貨をピンポイントで入手するのに必要不可欠な存在です。

両替機の設置は、コインランドリーに義務付けられているわけではありません。あくまでも利用者の利便性を高めるための設備です。



ですから両替機の近くには、なるべく張り紙をして、小銭を準備してきてから利用して欲しいとアピールします。

もちろん最初から両替機をあてにして来ても良いのですが、あくまでも両替機の中にある硬貨の在庫は必要最小限度にとどめてあるとアピールできます。


両替機を破壊しても、決して大金は入っていないとアピールできるので、防犯性を高められます。



両替機を利用する人の姿も把握できるように監視カメラを設置しましょう。

飲料水の自動販売機と異なり、両替機の利用では緊張感を与えても大丈夫です。

防犯性を高めることが、結果的にはコインランドリーを繰り返し利用してくれるリピーター層への安全対策にもなっているからです。



利用者の安全性を高めると、結果的に防犯性も高くなります。

リピーターを増やすのに効果的な対策のひとつです。