バナー

需要が急増するコインランドリー

コインランドリーを見たこともない、という方は少ないと思います。

小さな空間に洗濯機と乾燥機が並び、お金を入れて選択や乾燥を行う。



運営側からすると、場所代と、機械の料金を利用者の料金から回収していく、という非常にシンプルなビジネスモデルです。


ただ。一人暮らしの部屋にも洗濯機が当然にあるような現代社会において、コインランドリーは過去の遺物だと思われている方もいらっしゃるかもしれません。



実際には、現代社会の需要にマッチしており、今後増えていくことが予想されるものです。まず、ウィークリー、マンスリーといった短期での賃貸契約の部屋が増えてきていることからわかるように、住居の移動が著しいビジネスマンというのも増加傾向にあります。

そういった人々は洗濯機を購入しても移動のコストがかさんでしまうため、あえて購入せずにコインランドリーを利用するといったような選択をするケースも多々あります。それから、現在は専業主婦の家庭よりも、共働きの家庭の方が増えている、といった傾向があります。夫婦ともに忙しく、家事を行う時間を短縮したい、といったニーズにも応えられるのがコインランドリーです。

一回一回に費用がかかるものの、洗濯から乾燥までを一連の流れで行え、洗濯物を干したり取り入れたりといった手間が省けるのは忙しい夫婦にとって有難いことといえるでしょう。



乾燥機まで購入するコストやスぺースの問題を考えると却って安上がりかもしれません。


少し古いイメージのあるコインランドリーですが、生活スタイルの変化に伴い、またその価値が見直されているものであるといえるでしょう。