バナー

コインランドリーをニーズがあるエリアで出店

コインランドリーの経営は設備投資は必要にはなりますが、コンビニエンスストアなどと違い、人件費がかからないので、経営上の経費も少なくなります。ニーズが高いエリアで出店すれば、安定した収入を確保していくことができるでしょう。

一般的にはファミリー層の家庭では洗濯機が一家に一台設置されていることが多いですが、一人暮らしの人は洗濯機を自宅に置いていないことも多いので、一人暮らしの人がたくさん住んでいるエリアではニーズが高いでしょう。

都心部などの大学や専門学校の周辺エリアなども、一人で暮らしている学生などもが多いので、コインランドリーがあると喜ばれることとなります。



周囲にまだコインランドリーが出店していないエリアであれば、かなりの集客を見込むことができるでしょう。コインランドリーには洗濯乾燥機などが設置されているので、雨が続いている時期などは、一般家庭でも洗濯物を乾燥させるために利用することがあります。



一戸建て住宅が立ち並んでいるようなファミリー層が住んでいるエリアでも、周りに他のコインランドリーがない場合には、潜在的なニーズを取り込むことができるでしょう。



出店する場合には、空きテナントなどを探して賃借することとなりますが、少し離れている場所からも来てもらうために、駐車場のスペースが広い場所を探すと良いでしょう。
布団やクッションなどの大型の洗濯物などを持ち込む人もおおいので、大きな駐車場があるととても便利になり顧客も集まりやすくなります。